お知らせ

TOP > お知らせ

お知らせ

2017.7.26

鳩駆除と『鳥獣保護法』について|鳩対策コラム

プロテクトサービスが鳩対策のお役立ちコラムをお届けします。


鳩がベランダや屋根に来てるのを発見してもすぐに個人での駆除・

威嚇等の行動はご注意ください!



なぜなら、
鳩の駆除は『法律違反』になることがあるからです。


『鳥獣保護法』という法律があり、これは野生の鳥類・哺乳類の

保護と狩猟の適正化を図る目的で定められたもので、許可なく

殺傷したり捕獲してはいけないという内容の法律になります。



直接鳩を傷つけなくても、過度な威嚇行為(物で追い払う行為等)も

罰則の対象となります。


また、巣が作られているのを見つけても卵があった場合、

巣の移動・撤去も許可なく行う事が出来ません。

卵も法律によって適切な監理を行うよう義務付けられているので

採取・移動は禁止されています。



これらを破って『鳥獣保護法』を違反してしまった場合、

【一年以下の懲役又は、百万円以下の罰金】を課せられてしまう

恐れがあります。



これくらいの事と思っての行動が法律に触れて

しまう場合があるので、自分で駆除をする前に

一度ご相談下さい。











被害状況やご希望に応じて鳩対策のプロがアドバイス致します。
お気軽にご相談ください。



****注意****
もし巣を見つけるのが遅れて、すでに卵や雛がいる場合、
勝手に処分しては鳥獣保護法に抵触します。
速やかにお近くの自治体にご相談ください。

卵や雛がおらず、鳩の糞などにお困りの方は当社へご相談ください。

その他、鳥獣被害や鳩対策について
ご相談・ご依頼など下記よりお問い合わせください。


一覧へ戻る

施工方法について

私たちプロテクトグループが自身を持って「PTシリーズ」をおすすめします。鳩の生態基本情報と合わせてご覧ください。

>>忌避剤(PTシリーズ)

お知らせ>>一覧

  • 代理店募集!
  • 株式会社 浩生

PAGE TOPに戻る