お知らせ

TOP > お知らせ

お知らせ詳細

2019/02/20

高架に鳩が住み着き下の道路に糞害が出ている|鳩対策コラム

お問い合わせ頂いた内容と当社の対策をご紹介します。


【公共施設の鳩対策の実例】をご紹介します。


軌道の高架に鳩が住み着いたことで、下の道路への糞害が

 発生しておりまた、以前に設置した防鳥剣山と防鳥ネットが

 経年劣化の為、鳩忌避効果が十分に発揮できていない状況と

 なっていました。

 
 昼間は交通量が多い場所に糞被害が出ていたので、夜間作業にて

 既存対策物の撤去・補修を行い、新しく忌避剤<PT-1>を設置し

 鳩対策の強化を行いました。

 今後も、同じように対策器具、忌避剤の劣化等で鳩対策としての

 効果が出ていない場所を随時追加施工にて対策を行う予定です。


 

【施工前】

通行が少なくなった夜間の時間帯で、高所作業車にて鳩対策を行います。










【施工中】

新しく忌避剤<PT-1>の設置準備中。












防鳥ネットの補修を行っています。












防鳥剣山の撤去を行っています。












【施工後】

忌避剤<PT-1>設置完了。















被害状況やご希望に応じて鳩対策のプロがアドバイス致します。
お気軽にご相談ください。



****  注意  ****

もし巣を見つけるのが遅れて、すでに卵や雛がいる場合、
勝手に処分しては鳥獣保護法に抵触します。
速やかにお近くの自治体にご相談ください。

卵や雛がおらず、鳩の糞などにお困りの方は当社へご相談ください。

その他、鳥獣被害や鳩対策について
ご相談・ご依頼など下記よりお問い合わせください。

一覧へ戻る

あなたへのオススメ

施工方法について

私たちプロテクトグループが自身を持って「PTシリーズ」をおすすめします。鳩の生態基本情報と合わせてご覧ください。

>>忌避剤(PTシリーズ)

お知らせ>>一覧

  • 代理店募集!
  • 株式会社 浩生

PAGE TOPに戻る